EQUILIBRE
EQUILIBRE
トップ
トップ

スタッフのおもてなし日記

スタッフのおもてなし日記

フレンチを楽しむ方法part1「ドレスコード編」

dansei jyosei

ドレスコードとは

英語でのdress code(ドレスコード)とは、日本語で「服装ルール」また「服装規定」と訳すことができます。一般的な催し物として、結婚式や葬式、パーティーや公式な行事など、TPOを考えてその場にふさわしい服装をするための基準となっているもの、とも言えますね。大切なシーンの雰囲気を壊さないように場所や時間帯に合わせた服装をして、その場を共有する大切な人たちへの配慮を示すのも大人のエチケットです。

フォーマル、正礼装は、最も格式の高い礼装です。皇室の行事など、かなり格式の高い式典で見ることができますね。ウエディングシーンでは花嫁・花婿、双方の両親の服装ということができますが、あまり一般的な服装ではないかもしれません。日本では、格式の高い式典、最高格のホテル、会場での着席パーティーにおいて求められる装いです。

 

大きく分けると以下の5つにわけることができます。

正装・フォーマル 特別なシーンに

最も格式の高い礼装です。皇室の行事など、かなり格式の高い式典で見ることができます

 

準礼服・セミフォーマル 式典や結婚式などに

こちらはDirector’s suit「ディレクターズスーツ」ブラックの背広とコールズボンの組み合わせの礼服で、おもに昼間着用するのが決まりです。モーニングコートも昼間用礼服ですが、それよりも格が下の略礼服です。日本では、黒の背広よりディレクターズスーツの方が格上とされています。

 

略礼服・インフォーマル おしゃれなパーティーなどに

ドレスコードが「インフォーマル」という指示があったからといって、カジュアルダウンしてよいというわけではないので注意が必要です!「スマートカジュアル」や「カジュアルエレガンス」に並ぶコードですが、その二つのコードよりやや格上のイメージです。ノーネクタイやカジュアルすぎる質感のコーデもNGです。

 

ビジネスアタイア

パーティーや披露宴などの招待状で「 ビジネスアタイア(business attire)」という指定されている場合、ビジネススーツまたはビジネスウェアという意味です。ネクタイ着用の仕事服というだけでなく、しっかりした品の良い格好が求められます。昼夜問わず、上下揃いのブラックスーツやダークスーツが好ましいでしょう。女性の場合もスーツ着用でOKですが、ドレッシーな雰囲気に仕上げる必要があります。

 

スマートカジュアル 彼女のご両親に挨拶に行くような雰囲気で

ホテルやレストランでのドレスコードで、「〜カジュアル」や「スマート〜」という指示をよく目にするかもしれません。ディナーや素敵なホテルでの食事で、短パンなどを禁止されているときに設定されているドレスコードです。着飾ったり礼服を着用したりする必要はありませんが、その場の雰囲気を壊さないためにジャケット着用などははずせません。またチノパンや上品なパンツをさらっと穿きこなすのもおしゃれです。雰囲気としては、初めて彼女の両親に挨拶に行くときの雰囲気。崩しすぎず、上品な着こなしで間違いがありません。

 

ここまでを基礎知識として覚えておくと「ドレスコード」があっても迷うことは少なくなるはずです。

あまり堅苦しく考える必要は全くありません。

そして基本的なマナーを知っておくと新しい世界がどんどんひらけてくると思います。

次回は、エキリーブレがなぜ??ドレスコードを設けているか??についてお話ししますね。